丈直しで失敗されない為に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、敢えて洋服屋の恥を晒しつつお話を進めて参ります(^^;

洋服屋の恥というのはですね…。

最近、パンツの丈直しに関するトラブルを2連発起こしてしまいました。

もう、ほんっとうにゴメンなさい…。

初心者マークのスタッフがお受けしたとはいえ、あってはならん事です。丈直しというのは、当然のことながら皆さんそれぞれ足の長さが違いますので、お店で売ってる状態では合わず、個々の足の長さに合わせてカットするという単純な作業です。

しかしですね、たかが丈直し。されど丈直し。

奥が深いのですよ…。いや、正確には単純だからこそ落とし穴があるのですよ。

 

ee6666f3

お客様:「前に買ったのと同じ長さに直しといて~」

お客様:「同じのもう一本買うから、同じ仕上げにしといて~」

特にこの2つの例は経験上非常に危険なのです(-_-;)
丈直しでチェックする項目には

・ウエスト位置
・股上の深さ
・股下の総丈
・パンツの総丈(パンツの上から下まで)

…など、色々な要素が絡んできます。

で、最終どのくらいカットして仕上げるのかと指示書を書きます。

しかしそこで、

”股下を同じ長さで指示した。”

”総丈を同じ長さで指示した。”

と単純にやってしまうと、例えば履いた時のウエスト位置が違うものだと、

パンツの裾の長さは違ってきます。

↑文章だけで伝わるでしょうか(^^;

また、最近の高ストレッチ系パンツで良くあるのですが、同じ品番でも製品の各寸法にバラつきのある場合があります。
コッソリ言ってしまうと、生地の特性上(非常に柔らかいなど)仕方がない場合と、
どんだけ粗悪やねん!という場合があります(笑)  ←いや、さすがに笑えない

こんな場合も、同じ指示書で出せば当然の事ながら長さは違ってきますよね。

お洋服というものは、一度ハサミを入れたらもう元には戻せません。例えば冬用のフルレングスのパンツを夏物と同じような裾絞りのクロップドパンツにして…などというリフォームに近い問い合わせについては、地面からの高さを測る物差しまで登場します(笑)お客様にとって満足のいく仕上がりにするために格好や体裁を構っている場合ではありません!

それほど、お直しという作業は気と心を遣うのです。

 

787801d3

 

…ちょっと話が脱線し掛かりましたが

まぁ、先に書いた感じの理由でトラブル2連発を起こしてしまったわけです。

「特にパンツのお直しは面倒くさがられても必ず穿いて頂いて測るように!」と改めて徹底したところです。

たまに強い口調のお客様が、

「面倒だから一緒の感じでやっといてよ!」と申されますと

頭で分かっていても、ついついやってしまいがちです…。

でも、一度経験すれば、少しの「まぁいいか」が「大きな事」に繋がるのが体で解かります。今回失礼をしてしまったお客様には申し訳ないですが、これでもう同じミスは無いでしょう

と同時に、今後お客様に【わざわざ穿いていただく理由】をしっかりと伝えられると思います。

というわけで、もし何度か足を運んでいるようなお洋服屋さんで面倒な事を声掛けされてもそれにはちゃんと理由がありますので、素敵に着たいモノであればなおの事、指示に従ってあげてください。逆に、もし仮に『いつもと同じ感じにしときますね~♪』なんて軽々しく言う店員さんが居たら、怪しんであげてください(笑)

「あの店、サイズ直し適当やで」と言われるより、

「あの店、サイズ直しお願いしたら鬱陶しいで。」くらいがちょうど良い(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. R より:

    裾直しのトラブルがあり調べていたところこちらを拝見しました。
    11月に購入して自分的には普段場きには値が少しはったためまだ2~3度しかはいていない、ベロア生地っぽいスカーチョタイプの裾がほつれたのでお直しに出しました。
    プロだと過信して、ささっとみせてもらい全部をしっかり見なかった自分が悔やまれるのですが、、、。

    家に持ち帰り一週間ほど袋にしまっていて、昨日着てみたら、後ろの裾が熱で縮んだようになっていました。。
    洗濯もクリーニングにも出していないしアイロンも一度も当てたことはなく、お直しの店に持っていったら、『うちのアイロンではこうはなりません。一度もはいていないのは嘘じゃないか。』と言われ疑われました。
    受け取った時、全体的な着た後のシワがあるのは『あ、脱いだままの感じで預けたのは汚かったかなぁ?』と自分でも目についたので確認済みです。
    業務用のアイロンでは絶対100%生地が縮むことはあり得ないのでしょうか?
    高い買い物でしたので諦めがつかず悩んでいます。

    1. umeya より:

      Rさま

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      まずは、大切なお洋服が傷んでしまった事、心中をお察しいたします…(>_<) 「熱で縮んだように」といいますと、 ビニールが熱で溶けたような状態でしょうか? それとも、ベロアの毛が寝てしまったような状態でしょうか? 念のために、私共もお世話になっておりますプロのクリーニング屋さんに直接聞いてみました。 「業務用のアイロンはせいぜい高くても130℃くらいまで。家庭用アイロンで言えば「中」の弱めくらいです。180℃以上の化学繊維が溶けてしまうような高温にはまずならないでしょうね…。」と仰っていました。 ですので、ビニールが溶けたようになっているのであれば、業務用のアイロンで溶かしてしまった…という事は考えにくいと思います。 ちょっと考えにくいけど…と言う事を前置きに、次のような事も仰っていました。 「作業によっては150℃程度まで温度を上げる事もあります。その温度でアイロンを当てると、細い繊維がぺたんと寝たような状態になってしまう事があります。」 ですので、繊維が寝たような感じであれば、ちょっとしたミスで…という事も考えられるかもしれません。 とはいえ、これは聞いたクリーニング屋さんもおっしゃっていましたが、アイロン以上に熱い温度の物が作業場にはあります。作業をしているのは人間ですし、絶対にミスしないとは言い切れないので、何とも言えないところですね・・・。 しかし「嘘じゃないか」とは、少し言い方が酷いですね。Rさんの気持ちになれば、中々そういう言葉は出てこなさそうですが…(+_+) 何かこう、答えになっていなくてスミマセン。

  2. chiori より:

    22才の女性(孫娘)が16日からドイツに3月半ばにロシアのブリヤードに行きます。厳しい寒さに備えてダウンの選び方をアドバイスお願いします。

    1. umeya より:

      chioriさま

      コメントを頂き、ありがとうございます!!
      お名前がメールアドレスになっておりましたので、勝手ながら編集させて頂きました。
      失礼いたしましたm(__)m

      さて、厳しい寒さでも耐えられるダウンについてですが…

      正直に申し上げまして、粗悪品でない限りは高くても安くてもそれなりに暖かく保護してくれると思います。

      ただし、見た目・・・薄くても暖かいのが良いか、デザインがスッキリとしている方が良いか・・・で選ぶのであれば、少し考えなければといった感じです。
      その場合には、【中身】についてちゃんと信用が置ける物かどうかが重要です。

      羽毛布団を想像して頂くと分かりやすいですが、中身がちゃんとしている物は本当に暖かいですが、高い布団でも中身が誤魔化してあると大して暖かくありません…。

      羽毛の種類で言うと、極寒の地での使用であれば「ホワイトグース」という種類の羽が使われていれば間違いないと思われます。

      ブランドでいえば、
      Moncler(モンクレール)
      DUVETICA(デュベティカ)
      TATRAS(タトラス)

      この辺りがホワイトグースを使ったアイテムで有名です。
      実物をご覧になりたい場合は、主要な百貨店さんであればお取り扱いもあるかと思います。お問い合わせされてみて下さい。

      他にも間違いのないブランドでいえば

      HERNO(ヘルノ)
      CANADA GOOSE(カナダグース)
      WOOL RICH(ウールリッチ)

      といったブランドもあります。

      ブランドに限らず、街の専門店などにもセレクトされた良いアイテムがあったりします♪

      お時間も少ない中、またシーズン末期で見つけるのも大変かとは思いますが、最良の一点に出会える事をお祈りいたしております(^^

コメントを残す