2009年秋冬物 UMEYAモード・パレー店編 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モード・パレー店にて、2009年の秋冬物として取り扱っていたアイテムのご紹介です。

※当記事は、前身のブログにて掲載していた記事を2016年にまとめたものです。

合皮使いのベストとジャケット。

この時期のアイテムには合皮が多く、純ライダースとまでは言わずとも

それに近いスタイリングの提案が多かったですね。


 

シャーリングパンツは2009年にミセスで大流行りしました。

このブランドのこの型のパンツは、UMEYAでもかなりの数を販売させて頂きました!

当時は「くしゅくしゅパンツ」なんて商品名を付けていましたね(^^

パンツをピチピチに穿いたことのある方なら伝わりやすいと思いますが、

あの横に入る線をデザインに見立ててしまったという、画期的なアイデアでした。

今では多少の古さを感じますが、また人気の出る型であることは間違いないでしょう????


 

 

カモフラ(迷彩柄)も、この時期から暫くの期間続いた提案の一つでしたね!

このモノトーンカモフラのジャケット。

今でもはっきりとどなたが買って下さったかハッキリと覚えていますよ!!

とってもお似合いでした☆彡

アンサンブルのチュニックの中でも、

この部分ボーダーのデザインのものがよく売れていたのを思い出します。

その年、その時期によって、色々と移り変わりがある物ですね!

綿のワイドパンツです。カーゴタイプ。

お尻のポケットの位置が視覚的にヒップアップ効果があるという事で人気でした。

 

この時期に、ベストの事を急に「ジレ」と呼び始めましたね。

この業界では良くある話です。

キュロットの事をガウチョと呼んだりもそうですね!

というわけで、UMEYAオリジナルで企画、生産したジレです。

お値段も6,900円(+税)でご提案していましたので、

+αの着こなしとして喜んで頂けたと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す