2009年のイベント【ピッタリパンツ発注会】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンツのお悩みは、いつの時代も尽きません…。

4D計測といって、カメラとコンピューターを使って全ての角度から

人の体を計測するという技術がありました。

それを用いて200人の体型を測定し、それぞれをグラフに落とし込み

75パターンのパンツサイズを考案したという企業がありました。

その企業とのコラボ展です。

 

 

まずは、ウエストとヒップ、太ももの計測をします。

特別な表があり、その3点が当てはまる所のサイズサンプルを穿いていただきます。

そこから微調整に入ります。

が、ほとんどの方がウエストとヒップが合えばとっても足がキレイに見えていました。

「パンツはお尻で穿け」と言われたりしますが、

既製品ではお尻とウエストのサイズバランスが本当に難しいですよね。

それを叶えてくれるのがこの企画の一番のポイントでした。

 

 

 

 

最後はどんな生地にして、どんなボタンを付けて

ポケットはどんな形にしようかな。後ろポケットはどうしようかな…。

シルエットは、レギュラー、ブーツカット、ワイドの3パターンを基準にして、そこから微調整も掛けられます。

しかも、膝位置を指定することで、その方に合った一番きれいなラインで仕上げてくれる…

と、そこまで指定できる内容でした。

 

唯一の弱点は価格。

ここまで出来るからというべきか、価格帯は30,000円前後~60,000円。

高いか安いか…。高いですよね(^^;

唯一無二のパンツが出来る事は間違いないのですが…。

 

今からでももう少し詰めて行ければ、良いご提案になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す