装いを楽しんでボジティブに☆彡「自分らしさ」と「遊び心」を大切にするF~6Lサイズのセレクトショップ 兵庫県姫路市

ダウンに関して「よくある3つの勘違い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年もダウン大好き人間の季節になりました♪

セレクトショップUMEYA専務の梅田です

( ̄▽ ̄)ノ

 

今回は、個人的によく耳にする

ダウンに関する勘違いを3つ

記事に書いてみる事にしました。

 

①「羽抜け=製品不良」?

②「中綿=ダウン」?

③「ダウンは洗わない方が良い」?

 

となります。

ご興味のある方は、どうぞお付き合いください♪

 

 

 

①「羽抜け=製品不良」

 

こちらについては過去に記事を書いていますので

そちらをご覧ください。

↓↓↓ 記事リンク ↓↓↓

羽根の抜けるダウンは粗悪品???

 

早速の手抜きでスミマセン… m(_ _)m

 

 

 

②「中綿=ダウン」???

 

これ、理解されている方からすれば

「何を言うてるの?」な話ですが

私も一消費者であったころは

中綿とダウンの違いを

よく理解していませんでした。

 

 

皆さん、この二点をパッと見て

どちらが中綿でどちらがダウンか

分かりますか?

 

 

実は、どちらも中綿です!

意地悪してゴメンナサイ(笑)

目に見えないモノは理解や判断が難しいです。

 

というわけで、中綿とダウン

素材の違いを簡単にまとめてみます。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【中綿とは】
主にポリエステル系の綿(わた)状態のものを
生地の内側に入れたもの。水気に強いことと、
衣類の製造が容易である事が主なメリット。
保温性に優れた素材など、機能性も様々。
分類的には中綿に属すが、羽毛に近い素材で
「人工ダウン」というものもある。

 


中綿の参考写真

 

 

【ダウンとは】
一般的には「水鳥の羽毛」のことを言う。
羽毛=フェザー(羽根)とダウン(綿毛)。
グース(ガチョウ)とダック(アヒル)が
代表的。羽根の弾力を活かして、かさ高い
製品にする事が可能。
※その他の詳しくは、またコチラで(^^;

羽根の抜けるダウンは粗悪品???

 

b6c3e240

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

この様に、中綿とダウンでは中に詰まっている

素材が全く違います。

軽さや暖かさはダウン製品に分がありますが

かと言って中綿が全くダメかと言えば

そんな事は有りません。

 

見た目、重さ、求める性能・・・などなど

ご自身が製品に求める事は何かをよく考えて

お選びいただければと思います。

分からない時は店員さんまで♪

 

ダウンと思って買ったのに、

あれ? 中身は羽根じゃないの!?

ということが 無いようにご注意を。

 

 

 

③ダウンは洗わない方がいい

 

ここ、勘違いされるとダメなので先に書きますが、

家の洗濯機でジャブジャブ洗って適当に乾かす

というのは完全NGですのでご注意ください。

 

ダウン製品には洗濯表示で「可」もしくは

「手洗い可」となっている物もあります。

 

ダウンの洗い方については、検索して頂ければ

詳しく説明されているサイト様もありますので

ここでは省略します。

 

というわけで、ダウンは定期的に洗う

(クリーニングする)方が良い!です(^^)

それがなぜかと言うと、ダウンの保温性

(性能維持)には”ふっくら感”が

大切だからです。

 

長く使用し続けると

内蔵物である羽毛は複雑に絡まり合い、

ペタンコになっていきます。

その為、洗いでしっかりと汚れを落とし

空気を循環させながらしっかり乾かすこと

これがとても大切です。

 

ですので、

メンテナンスを兼ねて、洗えるものは洗う。

洗濯表示「✕」でも、せめてシーズンエンドには

ケチらずにクリーニングに出すことが大切です。

※良い状態のまま着続けたい方は特に!

 

 

下の写真は何度か紹介しています、

2012年から毎シーズン、実験的に

そこそこハードな使い方をしている

私物のダウンジャケットです。

 

 

細部までしっかりと張りがあり

我ながら9年物とは思えません!

今までのところで起こった不具合は

ポケットの内袋が破けて直したくらい。

シーズンエンドのメンテナンスだけは

キッチリやっています。

 

 

好きな物は出来るだけ状態良く

少しでも長く着たいですね(^^)

 

 

 


 

以上、色々な人と話をする中で気がついた

ダウンに関して勘違いしやすい3つの事を

書いてみました。

 

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

ではでは。

 

 


 

その他のダウンに関する記事は ↓

 

ダウン製品のお直しや加工について

 

ダウン製品の穴あきや破れ修理

 

ダウンの羽抜け対策に一言物申す

 

 

コメントを残す