ポジティブスイッチをONにする【着てキレイ・まとうと楽しい】がコンセプトのセレクトショップ 婦人服専門店 兵庫県姫路市

モノ作りは大変! 引き続き、メンズの商品企画中です(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年の夏あたりから、メンズの事をちょこちょこと書いています。

引き続き進行中ではありますが、

モノ作りというのは中々難しいですね(^^;

 

普段、僕たちは出来上がった商品に対して

「あ~でもない、こ~でもない」

と言いながら品定めをしているわけです。

 

自社のオリジナル商品といっても

実際には何かのベースがあったりしますので、

何かしらのパクリ㊙要素を用いて作っているわけですから

本当の意味で商品を1から考えて作るという事はしていません。

 

 

ですので、このメンズ企画の話を進めていくなかでは

商品を生み出すというのはこんなにも大変なのかと感じています。

 

特に、洋服を製品として形にするというのは本当に大変。

普段から洋服屋をやっている人間でさえも

その大変さに気付く事はなかなか出来ません。

 

 

 

さて、前置きはこの位にしておいてと。

 

前回から数回の仕様変更を入れつつ

出来上がったサンプルの試着を繰り返しながら

検証を積み重ねている段階です。

 

 

僕の場合は、特に【荒い】扱い方で検証を続けています。

ニット製品なのですが、敢えて家の洗濯機で水洗い。

ネットにも入れず、他の洗濯物と一緒に回す。

そして、吊り干し。

…などなど。

 

通算で2ヶ月ほど。

毎日着用(寝巻などとして)して

2日に一度洗うなどと、かなりハードに使用しています。

 

 

その位の扱いをしてどのような影響があるのかというのを

見ています(^^)

 

 

その様に、色々な扱い方をしてはサンプルを持ちより

それぞれの検証を照らし合わせながら、最終の仕様や

取扱い方法についての決定を下そうとしている段階です。

 

 

 

糸の撚り方一つで製品が歪んだりします。

 

繊維を扱う会社、開発する会社。

繊維を糸にする会社。

生地を作る会社。

色を染める会社。

服を縫う会社、編む会社。

 

デザインを形にする以前にも

これだけの会社や人が係わっているんですね。

 

 

もちろん、もっと合理的にスピーディーに物を作る方法は

幾らでもあります。

 

でも…

 

あえて地道に、あえて泥臭く。

 

少数派でも心に深く響くような

そんな仕事がしたいという想いで始めたことですから(^^)

 

 

順調にいけば、4月頃に販売できる予定です。

 

またお知らせいたします♪

 

コメントを残す