大きいサイズの【着てキレイ】をお手伝いするセレクトショップUMEYA 姫路

姫路城の北、広峰山に登ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

歩く灯台のウメセンことUMEYA専務の梅田です( ̄▽ ̄)ノ

洋服屋なのに着る服に困る、大きいサイズなアラフォー男です。

 

 

 

 

突然ですが、先日の午前中に

姫路城の少し北にある広峰山に登ってみる事にしました。

 

 

表道から上がるのは嫌なので、裏から上がる事に。

(・・? ナゼ

 

この山には奥平野登山口という旧街道の上がり口があります。

ただし、この登山口に駐車場はありません。

迷惑駐車は近隣の方のご迷惑になりますので、車では来ない様にしましょう。

交通手段はバスか自転車でしょうか。

 

山頂近くには駐車場がありますので、車で上がる事は可能です。

上の駐車場から山頂までは少し歩きます。

 

 

さぁ、では行ってみましょう♪

 

上がり口からいきなり”もののけ姫”系の世界です(笑)

 

そして…はい。登り始めて5分で心が弱り始めました(笑)

運動不足なオッサンには結構な急こう配が続きます。

 

少しペースを落としつつ、ゆっくりと上がっていきます。

 

ある程度整備された表の参道とは違い、自然が多く残る裏参道。

所々の景色に目を奪われます。

 

 

10分ほど上がっていくと、この様な物が。

「この先霊地につき、牛や馬はここまで!」という印の「牛岩」です。

こういう歴史的な遺構はワクワクしますね(^^)

 

その先でいきなり景色が開けました。

 

大した登山でもなく、むしろハイキングって感じですが、

こういう景色を見ると、やたら高い山に挑戦している気分になります(笑)

そういえば、視界の上の方は木ではなく、少しずつ空が見えてきました。

そろそろ山頂の感じがします。

その後も、歴史を感じる史跡が色々と。

結ノ神社(天地自然と人との結びの神)跡です。自然災害を恐れた昔の人の想いを感じます。
・・・違うかもしれませんが。

 

 

 

左(上ってきた方)へいくと「志よしや(書写)」道という石の標識ですね。

更に息を切らしながら、まだか?まだか?とスタートから20分少々。

 

やっと山頂の広峯神社に到着しました。

涼しい日でしたが汗だくです(笑)

約1kmの道のりでした。

 

ポカリで一人乾杯。

このあと、更に山奥に進んでいけば

大河ドラマで有名になった黒田官兵衛の祖父・重隆が暮らしていた家跡や

その他なんやかんや(説明が雑)がありますが、

また歩いて降りて行かないといけないという現実を思い出した途端に

足は下山の為の道へ向かっていました(笑)

 

 

官兵衛神社が建立されるようです。

またその頃に歩いて上がってみましょうかね。

中々面白かったです(^^)

 

 

コメントを残す