ポジティブスイッチをONにする【着てキレイ・まとうと楽しい】がコンセプトのセレクトショップ 婦人服専門店 兵庫県姫路市

イタリア強行軍②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更新間隔が空きまくってスミマセン…。

前回からの続きです。

 

 

北京でのトランスファー待ち3時間を何とか過ごし

ようやく出発の時間が近づいてきました。

現地時間01:00。日本時間では00:00です。

だいぶん眠たい…。

 

搭乗口は一か所なのですが、なぜかシャトルバスが二台。

表示の文字からしてどうも行先は別の様子…。

忙しそうな誘導員にチケットを見せながら片言の英語で尋ねますが

適当に回答され、本当に合っているかどうかわからないバスに

乗りながら飛行機の場所まで移動します。

 

取り敢えず、CAさんに尋ねたら「Yes!」だったので一安心。

 

 

ご覧の通り、席にもだいぶ余裕があります♪

これは快適!

 

そして、11時間超えのフライトタイムがスタートします。

「取り敢えず寝るぞ!!」と思ったのも束の間。

 

 

何やら機内食が提供されました(笑)

軽食…。もういらんけど。

 

取り敢えず寝酒にワインも頼み、さっさと食します。

※照明がピンクなのは怪しい場所ではなくて、機内を暗くされているためです。

このタイミングで機内食いるか?と思いますが、

食べられる時に食べておくのが旅の鉄則。ありがたく、ごちそうさまでした。

 

 

 

・・・そして、眠れません(笑)

中々眠れないですね。長時間の飛行機内。

 

でも、機内に持ち込んでよかったアイテムが幾つかありました。

 

・100均の踏み台(キャンドゥの13cmが絶妙)
 足置き変わりで超らくちんでした。

 

・空気式の首枕
 説明不要

 

・耳栓
 ゴーという音が軽減されて、少しでも寝るのに役立ちました

 

あとは、コレ。

 

 

ファイテンショップの店長に勧められたケアローション。

モワッと疲れて来た足に塗ると超快適でした。

 

あとは、タブレットに映画を幾つか入れて…。

 

その位ですかね。

色々と持ち込む人のブログも見ましたが、

使ったのってこの位です。

 

機内も日本語の映画はたった一つ。

大泉洋さん主演「こんな夜更けにバナナかよ」

ふざけた映画だなぁ…と思って見ていましたが

段々のめり込んでしまい、終盤の辺りで不覚にもすすり泣き…

 

 

隣に座っていた中華系の若いお兄ちゃんは「???」だったでしょう。

でかいオッサンが一人で泣いてスミマセン。ホームシックではありません。

 

 

2時間ほど寝たり映画見たりなんだりしながら、

8時間ほどが過ぎたあたりでまた機内食です。

 

 

朝食セット。

何だか座って機内食を食べてばかりの延べ10数時間。

 

そんなこんなでミラノももうすぐのところまで。

 

 

流石に長かったです。

 

無事にミラノ マルペンサ空港に到着!

現地時間06:30です。日本時間では13:00 ※サマータイム

この辺りから寝不足感満載ですが日は明るい。

いわゆる時差ボケ(^^;

 

ここまで日本からの一人旅でした。

何とか無事にたどり着けました。

空港にて、別便で到着の同業者の先輩と合流し、

預け荷物も無事に回収して、シャトルバスでミラノ中央駅へと向かいます。

 

 

 

バスは快適…でも、クラクションならしまくって中々ハードなアクセルワークの

運転手…いえ、あえて「運ちゃん」と呼びましょう(笑)

激しかったです。

 

 

ミラノ中央駅周辺。

ここでエージェントの方と待ち合わせです。

やっと仕事に入ります!

 

 

・・・つづく

 

 

コメントを残す