大きいサイズまで【着てキレイ】なセレクトショップ 婦人服専門店 兵庫県姫路市

雨にも負けずコロナにもめげず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

汚いサムネイル画像で失礼しました(^^;

いや、怒ってクシャクシャにしたのではなくて

写真を撮らずに捨ててしまったものを

ゴミ箱あさって引っ張り出しただけですので。
(…余計に汚い)

 

さて、何の事かと言いますと

去年にイタリアまで行って探してきた商品。

 

 

現地ではミニマム条件に合意できず

取引ができませんでした(悔しい)が

国内で卸してくれるという企業様が見つかりましたので

商品をお願いしていました。

 

 

 

 

 

んが・・・

 

 

なんとまぁ、キャンセルになりました(号泣)

6月を跨いでも連絡ないので大丈夫だろうと

勝手に安心していましたけど、

納品を約ひと月後に控えての急展開(笑)

 

 

まぁ、笑うしかありません。

コロナ禍では観光業界や

外食業界のニュースが日々飛び交っていますが、

まぁどの業界もでしょうが、多分に漏れず

アパレル業界もワチャワチャしております…。

 

ブランド廃止、店舗撤退、倒産、廃業・・・

そして、先週にはこんなニュースも。

 ↓ ↓ ↓

アパレル在庫がレンタルに大量流入

 

 

近年では衣料品の大量廃棄が問題視されてきましたが

廃棄すら出来ない状況…。
(廃棄にもお金が掛かりますからね)

有名な在庫買い取り業者など

最近はこういう類のニュースが世を賑していますから

この業界の混乱ぶりは一般の方でも

薄々に感じられると思います(^^;

 

長年ここに身を置く弊店などは

更に色々と感じているところであります。

 

 

 

どの道を行く

 

アパレルに限らず、「小売」という業種は

いままさに岐路に立っていると実感します。

 

モノの提供には2つの考え方があると思います。

 

 

誰もが欲しい物を大量に安く提供する。

特定の人が欲しい物を少量でも適正価格で提供する。

 

 

よく話題になるこの二つの考え方。

これはどちらが正しいかという話ではありません。

どちらも世の中に必要で正しい考え方だと思っています。

 

どちらを目指すかはそれぞれの考え方。

ただし、今の時代に「何でもあります」は「何もない」に等しく

どちらの考え方であっても特徴がハッキリしていて

対象者が明確で無いと存在する意味はありません。

当然、他人の真似事など論外。

 

 

で言えば、単に仕入れて物を売るだけって

このご時世・・・

全く存在価値ないやん?

 

 

 

 

 

この3か月ほどの間に、本当に色々な事が起きています。

そして、これからもまだまだ色々な事が起きそうです。

 

正直なところ不安で一杯(^^;

 

ですがその反面

これは本当に変わる(変わらないといけない)

タイミングかなとも思います。

 

 

それについては長くなりそうなので、また書きます。

 

 

 

さて、色々と頭は巡りますが、先ずは今日一日。

いつも通りに笑顔で参りましょうかね☆彡

 

 

 

 

あぁ・・・。

イタリア😢

(結構引きずってる系)

 

.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す